仕立てとプロセス例(紺ブレ:ゴールドラベルの場合)

松崎の「ヘッドカッター」である渡辺正照がお客様のお話を伺いながらスーツを“設計”。シルエット、バランス、お好みなどをお一人お一人にとって最高の一着のために採寸〜仮縫いまで責任をもって対応します。

松崎の「職長」である渡部忍が数十年の経験で培った技術で丹念に縫製。手縫いでしか出せない味、表情でオンリーワンの一着を創り出します。